カードローンとキャッシングの明確な違いはどこにあるのか

カードローンとキャッシングの違いについて解説している女性

カードローンとキャッシングの明確な違いはどこにあるのでしょうか。
一般的にもキャッシングとカードローンは分けて考えられていますが、実は消費者金融が提供するサービスに関しては両者に違いはありません。
両者に違いが生じるのは、消費者金融と銀行のサービスを比較したときだけということを知っておきましょう。

 

元々は、キャッシングとカードローンは融資の金額に差があることを理由に分けて考えられてきたサービスだと言えます。
前者は少額融資の代表的なサービスとして解釈され、後者に関しては比較的大きな融資が出来るものとして考えられてきました。ところが、消費者金融のサービスが充実してきたことによって、消費者金融にもカードを利用してサービスを提供するという考え方が浸透してきたのです。
そのため、たとえカードを使ったローンを消費者金融が提供していたとしても、そのサービスに適用される法律と言うのはあくまでも貸金に関する法律に依存することになります。

 

反対に、銀行が提供するカードを利用したサービスでは貸金に関する法律ではなく銀行法に基づいて提供されます。そのため、融資の限度額に関する考え方も銀行法に依存することになるのです。
このように、キャッシングとカードローンと言うのは比較の対象によって大きく異なることがわかります。

 

 

キャッシング 即日